2016年07月20日

あなたの守りたいもの、守っていけますか?〜お金より大切なもの〜

images.jpeg


世の中金や!!!



ボク、実はこんなこと思ってるんです。


あ!ちょっと待ってください!
もうちょっとだけお付き合いください^^;


これだけ言っちゃうとメチャメチャ感じが悪いですよね(^_^;)


なぜこんなこと思うかというと、やはり自分の過去の経験からなんです。


ボクは小学校1年の途中から高校を卒業するまで児童養護施設で育ったんですが、
実は生き別れた兄弟がいます。

しかも8人も。。。

施設に入る前に生き別れた妹、
ボクと一緒に施設に入った一つ下の弟、
ボクらが施設に入ってから父が再婚して生まれた兄弟が6人、

全員で9人兄弟なんですが
今となっては全員どこにいるのかもわかりません。


もし当時のボクに経済力があれば、、、っていつも考えます。

他にもいろいろあるんですが
一番大きい理由が兄弟を守れなかった自分の不甲斐なさです。


ボクの父は昔、関西では結構大きな某電鉄会社で運転手をしていました。
当時はバブル真っ只中。
当然給料も良かったみたいです。

でも何の理由かは知らないんですが、会社を辞めてしまい、
そこから収入が途絶え、借金するようになったそうです。


それこそドラマみたいに家まで借金取りが来てた状態です。


リアル「金返せ」見たことあります。笑
↓↓↓
o0387026312702366065.jpg


当然、母は
「あなたとはもうやっていけない」的な感じになりますよね(^_^;)

それで離婚。

そこから自己紹介の記事で書いたような状態になっていきました。


当時は、子供ながら
「ホンマ何やってくれてんねん!!!」てなことを思ってました。


生き別れた妹、好きでしたからね(^_^;)


でも今になって考えると、別に父が会社を辞めたことが悪いわけではないんです。
父にもいろいろ事情があったでしょうしね。

ただアカんかったのは、父の収入口が一つしかなかったことです。


もし父が他に、
アルバイトするなり、自分でビジネスをするなり、投資をするなりしてたら、
今頃みんなでフツーに生活できてたかもしれません。


ボクにとって「家族とフツーに生活する」ってめっちゃ幸せなことなんです。



今は当時とは時代が全然違います。

超高齢化社会により社会保険料や税金が上がっていく。
ということは、今もらえてる給料の手取り額が減るということです。

国は企業に「みんなの給料、あげたってや〜」って言っています。
それはそれでいいことなんですが、

国はこうも言っています。


「インフレにしまっせ!」



インフレって物の値段が上がっていくことなんですが、実はもう一つあるんですよ。


「お金の価値が下がる」


どういうことかというと、
今までスタバで400円だして飲めてたコーヒーが、500円ださないと飲めなくなるってことです。
images.jpeg

もっというと、1万円札を100枚(100万円の価値)銀行に預けてたのに
いつの間にか1万円札100枚が80万円の価値しかなくなってるってことです。
(めっちゃ極端な例えですが。。。笑)


給料が上がって、もらえる1万円札の枚数は増える。
でもその1万円札1枚の価値が下がっていくんです。


めちゃいかついでしょ(^_^;)


そんな時代の中、

もし今働いてる会社が倒産したり、
リストラにあったり、
病気や怪我で働けなくなったり、
身内が介護が必要になってしまったり、


あげたらキリがないですが、
なんらかの理由でお金がもっと必要になる、もしくは今の収入が途絶えてしまったら、

あなたはどうしますか??



お金がどうこうって話は、
ボクら日本人的にはあまり触れてはいけないところみたいなイメージがありますが、
自分の過去の経験からやっぱり世の中お金なんだと思いました。


もっと具体的に言います。



お金は「お金より大切なもの」を守るためにある


なので、ボクのブログを見てくださってるあなたには
なんでもいいので、今の収入口ともう一つもっていただきたい!!

あなたやあなたの大切な人にはボクと同じ経験をしてほしくないんです。


なので何かあってからではなくあらかじめリスクヘッジしててください。

いろいろ手段がある中でたまたまぼくはFXを教えることができますが、
その手段がFXでなくてもいいです。



あなたに合った手段を選んでください。


今の収入口とは別にもう一つ収入口を。



あなたやあなたの大切な人を守るために。。。


posted by よっしー at 12:55| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。